インドネシア マンデリン ブルーバタック。

本当は、以前住んでいた世田谷区深沢にあるカフェテナンゴでいつも頼んでいたフォリー農園のグアテマラ アンティグア、フレンチローストがお気に入りでしたが、所帯を持った後、毎日飲むには少々お高い。そこで同じフォリーを探してみたところ最近は色んなところで販売している様子。昔はテナンゴでしか売ってなかった記憶がある。で、ピースコーヒーというところでお手軽な値段で出ていたので頼んでみたところ、ここはローストを浅めにしてフレーバーを活かした独自の焙煎スタイルで全く違うテイストでした。ほぼ違う豆。しかし自分は土臭い苦味のあるストロングがお好き。豆の酸味を愉しむにはちょっと敷居が高すぎて腰が引けました。そこで購入先のピースコーヒーに相談してみたところこちらのマンデリンなら深煎りでお好みに近いかもしれないとのことで購入。淹れ方はハリオのドリップですが酸味が強くならないように若干湯を冷ましてドリップ。今回は好みの深い味わいで後に残る香りがいい。酸味もよそのマンデリンよりは強めですが嫌な酸味じゃなく香りが強くて良い感じ。試しに比較してみた代々木の老舗喫茶店TOMの超深煎りストロングブレンドはすごく好みなんですがほとんど酸味がない。これをもしかすると面白味がない?というのかも。一つ分かったことは、世間で言う酸味とは焙煎後の鮮度が足りない酸化した酸味、または高温の湯による酸味などで、このイメージが酸味嫌いを生んでいるのかも?と。田舎者の自分にはセレブな酸味の味わいはまだ慣れませんが、少し分かった気がします。あと、豆の品種は素人的にはあまり参考にならないと思った。やはり好みの味わいをプロに相談して買う、または色々な店を試すしかない。店によってスタイルがあるし焙煎機も違う。兎に角、お手頃価格で美味しい仕上がりの豆をしばらく探してみることにしよう。地元の方にある軽井沢丸山珈琲が気になるので今度試してみようかと。ここの豆は常温で1ヶ月くらい新鮮な状態を保てる魔法の?焙煎をしているらしい(TOM情報)あと今はドリップとマキネッタしか使ってませんがフレンチプレスも試してみたい。